「THE都心!」での、子育ては可能なのか?~第1弾~ 新宿区の子育て事情に迫った! | Dr. Asset

「THE都心!」での、子育ては可能なのか?~第1弾~ 新宿区の子育て事情に迫った!

こんにちは。

毎度ご好評を頂いていた「子育てしやすいおすすめの区」の記事ですが、今回は、「the都心!」と呼ばれるエリアでの子育てについて検証したいと思います。どんな子育て制度があるのか?保育事情は?弊社AIが分析したデータも活用しながら発表させて頂きます!

皆さん、「新宿区で子育て」と聞くとどのような印象をお持ちでしょうか?個人的なことですが私自身、実際に新宿区に約10年住んでいます。良いところも、悪いところも、住んでみて多少詳しくなったつもりです。しかし「子育て」となると、どういった制度があり、どのような課題があるのか、見当がつきません・・・

新宿区をはじめ、渋谷区、港区など、いわゆる「the 都心!」と呼ばれるエリアの子育て事情に迫ります。

これまで同様、子育て制度の紹介に加え、弊社のAIで分析した、治安や待機児童数などのデータも活用して発表させていただきます。

 

子育て事情「the 都心!」版、第1回は、

1.新宿区

です!早速いってみましょう。

 

 

 

1.子育てしやすいか?新宿区

 

新宿区は、東京23区のうち豊島区、中野区、渋谷区、文京区、千代田区と主要な区に囲まれています。面積は18.22km²。人口は約35万人です。

地域の特色として、西新宿の高層ビル、西口、東口、新宿3丁目、歌舞伎町、大久保など一言では説明しきれない独特な顔を持つ街がいくつもあります。

治安も街によって違いそうなので、多くのデータを用いてご紹介したいと思います。

ちなみに、意外かと思われますが、日本経済新聞が実施した「共働子育てしやすい街ランキング2019年」では、1位葛飾区、2位新宿区という結果なんです!

新宿区は案外子育てしやすいのかもしれません・・・

では、詳細を見ていきましょう。

 

 

①新宿区の子育て制度

 

新宿区は、区のサイト内に、子育てについての詳細ページ(子育てをサポートする事業 http://www.city.shinjuku.lg.jp/kodomo/kodomos01_000007.html) 

また、新宿子育て情報局が運営するホームページもあります。

(内容は、「遊ぶ」「学ぶ」「産む・育む」「集う」「住む」と5つのテーマに沿った、子育て情報。https://shinjuku.mypl.net/ )を設置しております。

 

新宿区の子育て制度について一部まとめてみました。

子供と家庭の総合相談( http://www.city.shinjuku.lg.jp/kodomo/file03_06_00001.html) ※1へ詳細
出産育児一時金の支給(42万円/人)※2へ詳細

子ども医療費助成(新宿区内に住所のある0歳から15歳(義務教育修了前)の子どもで、日本の健康保険制度に加入している方※両親の所得による制限はありません。)

・予防接種
・ひろば型一時保育(1回4時間まで) ※3へ詳細
・子どもショートステイ
・トワイライトステイ ※4へ詳細
・育児支援家庭訪問事業
・子育て訪問相談
・利用者支援事業
・ファミリー・サポート・センター

※1 子育て相談・・・ 新宿区のこども園と連携して、子育ての相談を受けれるシステムを用意しております。相談内容は、子育てにまつわること全般OKとのことです。お子さんのしつけ、食事、トイレのトレーニング等、子育て中の不安や悩みなどお持ちの方は一人では抱え込まずに、是非相談してみましょう。

※2 出産育児一時金の支給・・・42万円(出生児一人あたり)が支給されます。妊娠12週と1日(85日)以上の出産であれば、死産、流産の場合でも支給されます。

※3 ひろば型一時保育とは、理由を問わず、1回4時間まで、6ヶ月から小学校前までのお子さんを預かります。

※4 トワイライトステイとは、

トワイライトとは、日の出前や日没後の薄明かりのこと、ですね。夜間、お仕事等でお子さんを養育できないときに、協力家庭でお預かりする制度です。

1回2000円 17:00~22:00(5時間以内)

 

※補足:「子育て相談の実施園」

出典 http://www.city.shinjuku.lg.jp/kodomo/kodomoen01_001050.html 

②待機児童数

 

2019年には2人の待機児童数がいた新宿区ですが、

2020年には1人になりました!

待機児童数ゼロを誇る、千代田区、港区、目黒区、世田谷区、杉並区、豊島区の次で、23区中7位となっています!

(上記図:弊社AIで分析した、待機児童対策における区の特徴)

(上記図:弊社マンションリスクサイトで分析した、待機児童対策における区の特徴)

 

③入園決定率

 

・入園決定率は71%

「保育園には比較的入りやすい区です」と弊社AIが診断しております。

待機児童数だけでなく「入園決定率」にも着目することをオススメします。

 

「入園決定率」とは・・・保育園の入りやすさといえば、待機児童数を思い浮かべがちですが、もうひとつ注目したいのは、保育園の「入園決定率」です。 「入園決定率」は保育園を考える親の会が独自に調査している数字で、認可の保育施設に新規の入園を申し込んで認可の保育施設に実際に入園できた児童の比率を表しています。

 

④治安情報

 

新宿区の主要な街として、以下の街を弊社AIが調査しましたので、結果をまとめます。

 

・高田馬場

・富久町

・新宿5丁目

・神楽坂

・四谷

・西早稲田

・市ヶ谷八幡

 


上記主要エリアの治安情報を弊社AIで分析した結果です。

 

・高田馬場・・・「注意が必要と言えます」というAI診断が出ました。

・富久町・・・「注意が必要と言えます」というAI診断が出ました。

・西新宿5丁目・・・「注意が必要です」というAI診断が出ました。

・神楽坂・・・「非常に良いと言えます」というAI診断が出ました。

・四谷・・・「比較良いと言えます」というAI診断が出ました。

・西早稲田・・・「比較良いと言えます」というAI診断が出ました。

・市ヶ谷八幡・・・「非常に良いと言えます」というAI診断が出ました。

 

新宿の治安は、町内ごとにがあると言えますね。

 

 

以上から、新宿区の子育て事情は?

結論

新宿区は子育て制度は充実していると言える一方で、治安に関しては、地域によって差があると言えそうです。お住まいを選ばれる際には、より細かいエリアにこだわってみると良いかもしれません。

 

 


また、新宿区にはいくつか大きな公園・園もあります。

・新宿御苑 (国民公園で、広大な土地が広がり春には桜が満開になります。また、年間パスポートは月2000円で購入可能なので新宿区に住まわれている方はお得かもしれません。https://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/2_guide/passport.html 

 

・新宿区立新宿中央公園(都庁、西新宿方面にあります。フットサルのコートもあります。)

・新宿区立歌舞伎町公園(バスケットボールもできます。また、ラーメン店、激辛フード店などのイベントがよく行われています。)

・東京都立戸山公園(早稲田大学の近辺にあります。)

 

 


さらに、資産形成の観点からも、新宿区はオススメと言えそうです。

 

下記は、新宿区の人口の、過去と未来予測のデータです。

「新宿区の人口増加率表」

 

出典元

・区の過去の人口については、総務省統計局の人口データ

・将来の人口については、総務省統計局の将来人口予測データで分析しています。

・東京都総務局統計部 「住民基本台帳による東京都の世帯と人口」(令和2年1月)

・東京都総務省統計局 地区面積

 

新宿区は、今後も数十年は人口増加が見込めます。

 

「人口が増えると、地価も上昇する」という人口と地価の相関関係は、国勢調査でも裏付けられているようで、不動産投資家にとっても、お住まいになる方にとっても、新宿区はオススメの区と言えそうです。

 

(出典:https://www.smtb.jp/others/report/economy/75_2.pdf)

以上です。ありがとうございました。

 

マンションの購入・売買に役立つDr.Assetシリーズ

 
■中古マンションの適正価格を知りたい方
■中古マンションをお探しの方はこちら(AIが自動提案) メール版とLINE版がございます
中古マンションのリスク情報がまとめてわかる 
今住んでいるアパートの適正家賃がわかる 
Dr.Asset レントチェッカー
今の家賃と同額の支払いで買える中古マンションを提案 
Dr.Asset プランナー
お得な物件だけを集めたサイト